動脈硬化の影響 | むくみを解消し健康を守る!ヒドロクロロチアジド・ジェネリック!
薬が散らばっている

動脈硬化の影響

痛や吐き気など多くの辛い症状や、心筋梗塞などの合併症などを引き起こしてしまう高血圧。高血圧になってしまうと、腎臓にも影響が出てしまいます。腎臓は身体の毒となるものをろ過する力がありますが、動脈硬化により腎臓の血管が細くなると腎臓の働きが悪くなってしまいます。腎臓にしっかりと血液が行きわたらないことで、腎臓は血圧が下がっていると勘違いして血圧を上げるレニンという成分を出します。腎臓に負担がかかると尿がうまく作られないので、身体にむくみが生まれます。そうしてさらに高血圧は高くなっていく悪循環を生み出してしまうのです。これを改善してくれるのがヒドロクロロチアジド・ジェネリックなのです。

それにしても高血圧ってなぜなってしまうのでしょうか?それは主にストレスや生活習慣の乱れが主な原因だとされています。いわゆる生活習慣病のことです。
まず血圧というのは、血が血管の内側を押す圧のことをいいます。一時的に圧が掛かるくらいなら問題はありませんが、強い圧がずっとかかっている状態がずっと続いていくと圧に抵抗する形で内壁が分厚くなってきます。そうすると当然血管内は狭くなるので、余計に圧がかかるということになります。
コレストロールなどが入り込むことで、血管内はさらに詰まってしまいどんどん疲弊していきます。結果血管が硬くなってしまい動脈硬化となります。動脈硬化で血の流れが悪くなると、血が固まってしまうのです。

血の流れを通常通りするためにヒドロクロロチアジド・ジェネリックは期待出来る医薬品です。高血圧は氾濫した川の如しです。通常の流れに戻して血管を守ってあげましょう。